かい

I
かい
(終助)
〔終助詞「か」に終助詞「い」が付いてできたもの〕
文末に付いて, 質問・反問の意を強める。 か。

「入ってもいいです~」「そんなことあるもん~」

〔近世以降, 話し言葉に用いられた語〕
II
かい【下位】
(1)地位や順位などが低いこと。

「~の力士」

(2)〔論〕 ある概念が他の概念に包括される関係にあること。 例えば, 「動物」に対する「人間」。
上位
III
かい【下意】
しもじもの者の意思。 大衆の考え・意見。 民意。
上意
「~上達」
IV
かい【会】
(1)一定の目的をもって人々が集まること。 また, その集まり。 集会。 会合。

「~を開く」

(2)目的や趣味・学問などを同じくする人々が組織する団体・組織。

「野鳥の~」

V
かい【匙】
〔もと貝殻を用いたところから〕
さじ。

「箸(ハシ)・~など, 取りまぜて鳴りたる, をかし/枕草子 201」

VI
かい【卵】
たまご。 また, そのから。 かいご。

「~のうちに命こめたる雁の子は/宇津保(藤原君)」

VII
かい【回】
※一※ (名)
ある事柄を反復して行う時の一つのまとまり。

「~を重ねる」

※二※ (接尾)
助数詞。 数または順序に関する語に付いて, 度数・順序を数えるのに用いられる。

「五~」

VIII
かい【害】
〔漢音〕
妨げ。 支障。 災い。

「お身の~とも成る時は/浄瑠璃・反魂香」

IX
かい【峡】
〔「交(カ)ひ」と同源〕
山と山との間の狭く細長い土地。

「狭き山の~に出でぬ/即興詩人(鴎外)」

X
かい【快】
気持ちがよい・こと(さま)。

「~をむさぼる」「~なるかな」

XI
かい【怪】
ふしぎなこと。 あやしいこと。

「山荘の~」

XII
かい【戒】
(1)いましめ。 訓戒。
(2)漢文の文体の一。 訓戒を目的としたもの。
(3)〔梵 śīla〕
仏教の信者が守るべき行動の規範。 戒律。 禁戒。
XIII
かい【掻い】
〔「かき」の転〕
動詞に付いて語勢を強め, また語調を整える。

「~くぐる」「~つまむ」

XIV
かい【果位】
円満具足した仏果の位。
因位
「無上の~にのぼらせたまふ釈迦だにも/咄本・醒睡笑」
XV
かい【楷】
漢字の書体の一。 楷書。
XVI
かい【櫂】
〔「掻(カ)き」の転〕
(1)船具の名。 水をかいて船を進めるのに使う。 木製で上半分は丸い棒, 水中に入る部分は平らに削ってある。 和船用のものは握る側に T 字形の短い柄がある。
(2)醤油・酢などを造る時, 樽の中の原料をかきまぜる木製の用具。
(3)家紋の一。 {(1)}を組み合わせたもの。 三違櫂(ミツチガイカイ)・五違櫂など。
~は三年櫓(ロ)は三月(ミツキ)
櫓に比べて櫂の使い方がむずかしいことをいう。
XVII
かい【歌意】
歌の意味。

「~を説く」

XVIII
かい【甲斐】
旧国名の一。 山梨県全域にあたる。 甲州。
XIX
かい【甲斐・詮・効】
その行為に値するだけのしるし。 また, それだけの値打ちや効果。 せん。

「頑張った~があった」「苦労の~がない」

がい(甲斐)
XX
かい【界】
(1)生物を分類する際の最高次の区分。 動物界と植物界などに分ける。
(2)地質時代を区分する時の「代」に相当する期間に堆積した地層。 例えば古生代に堆積した地層は古生界という。
(3)さかい。 区画。
XXI
かい【粥】
「かゆ」の転。 [ヘボン]
XXII
かい【華夷】
〔「華」は中国, 「夷」はえびす〕
中国と外国。 また, 開けた国と後れた国。
XXIII
かい【解】
(1)説明。 解釈。
(2)〔数〕
〔solution〕
方程式を成り立たせる未知数の値(根)。 不等式を成立させる未知数の値, またそのような値全体の集合。 または, 微分方程式などを満足する関数。
(3)与えられた問題の答え。
(4)漢文の文体の一。 疑惑や非難にこたえることを目的としたもの。
XXIV
かい【貝】
(1)かたい貝殻(カイガラ)をもった軟体動物の総称。 二枚貝・巻貝(マキガイ)・角貝(ツノガイ)などを含む。 多くは水中にすむ。
(2)貝殻。

「~細工」

(3)ほらがい。

「~をにはかに吹き出でたるこそ/枕草子 120」

(4)「貝合わせ」の略。

「~の御勝負/御湯殿上(文明一九)」

~を作・る
〔口の形が「へ」の字になり, 蛤(ハマグリ)の形に似るところから〕
べそをかく。 泣き顔になる。

「~・るもいとほしながら/源氏(明石)」

XXV
かい【買い】
(1)買うこと。

「安物~」

(2)相場の値上がりを予想して買うこと。
売り
XXVI
かい【階】
※一※ (名)
(1)多層の建築物のひとつの層。

「上の~」

(2)地質時代を区分する時の「期」に相当する期間に堆積した地層。
(3)官位。 等級。

「~越えて学士の右大弁三位になる/宇津保(国譲下)」

(4)階段。 きざはし。
※二※ (接尾)
助数詞。
(1)建築物の層を数えるのに用いる。

「二~建て」

(2)位階の等級を数えるのに用いる。

「一~越えて, ないしのかみ三位の加階し給ふ/宇津保(蔵開下)」

XXVII
かい【隗】
郭隗
~より始めよ
〔「戦国策(燕策)」にある郭隗(カクカイ)の故事。 隗が燕の昭王に, 賢臣を求めるならまず自分のようなつまらない者を登用せよ, そうすれば賢臣が次々に集まって来るだろうと言ったことから〕
(1)遠大な事をするには, 手近なことから始めよ。
(2)転じて, 事を始めるには, まず自分自身が着手せよ。
XXVIII
かい【魁】
さきがけ。 先鞭(センベン)。

「時代の~となす」


Japanese explanatory dictionaries. 2013.

Look at other dictionaries:

  • がい — I がい【垓】 数の単位。 (1)京(ケイ)の一万倍。 一〇の二〇乗。 [塵劫記] (2)古くは, 京の一〇倍。 また, 現在の一億あるいは千億のこと。 → 京 II がい【外】 接尾語的に用いて, …の範囲のそと, …のほか, の意を表す。 「区域~」「時間~」 III がい【害】 ものごとのさまたげとなるような悪いこと。 ⇔ 益 …   Japanese explanatory dictionaries

  • かい — [ref dict= Unihan (Ch En) ]枻[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]栧[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]艣[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]艪[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]蛽[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]貝[/ref] …   Japanese(Kun) Index for Unihan

  • かい — [ref dict= Unihan (Ch En) ]丐[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]丯[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]乖[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]亥[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]介[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]价[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En)… …   Japanese(On) Index for Unihan

  • がい — [ref dict= Unihan (Ch En) ]乂[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]乢[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]亥[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]倪[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]凒[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]凱[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En)… …   Japanese(On) Index for Unihan

  • かいない — かいない【甲斐無い】 (1)ききめがない。 努力してもそれだけの結果が得られない。 むだである。 「今さら悔やんでも~・いことだ」 (2)それだけの価値がない。 「生きていても~・い身だ」 (3)いくじがない。 ふがいない。 「かく思ふ事は~・き心かなと/御伽草子・三人法師」 (4)(「かいなくなる」の形で)死ぬ。 むなしくなる。 「~・くなり給はば, なかなかなる事をや思はむ/源氏(手習)」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • かいがいしい — かいがいしい【甲斐甲斐しい】 (1)動作がきびきびしていて, 手ぎわがよい。 てきぱきしている。 「~・く働く」 (2)仕事をやる動作に真心がこもっている。 けなげである。 まめまめしい。 「~・く病人の世話をする」 (3)それをしただけのかいがある。 期待どおりだ。 効果がある。 「さて, ~・しく(ソノ歌ガ)千載集に入りにけり/著聞 5」 (4)しっかりしていて頼りになる。 「太刀うち佩きて~・しげなれば/徒然 87」 ﹛派生﹜~げ(形動)~さ(名) …   Japanese explanatory dictionaries

  • いいがいなし — いいがいなし【言ひ甲斐無し】 (1)言ってきかせても効果がない。 「聞きいれる気色のなきに, お民~・しと断念して/経つくえ(一葉)」 (2)取り立てて言うだけの値打ちがない。 つまらない。 「~・き者の讒言により, 御中違はれ候ふ事/謡曲・船弁慶」 〔中世以降の語。 中古は「いふかいなし」を用いた〕 → いうかいなし …   Japanese explanatory dictionaries

  • いさかい — いさかい【諍い】 言い争うこと。 争い。 言い合い。 けんか。 「~が絶えない」 ~果ててのちぎり木 〔争いが終わってからちぎり木を持って駆け付けて来る意〕 時機に遅れて役に立たないこと。 争い果ててのちぎり木。 けんか過ぎての棒千切り。 「会にあはぬ花, 六日の菖蒲, ~かな/平家 11」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • かいろうどうけつ — かいろうどうけつ【偕老同穴】 (1)〔「同穴」は「詩経(王風, 大車)」の語。 生きている時はともに老い, 死んでからは同じ墓に入る, の意〕 夫婦が愛情深く固く結ばれていること。 「~の契りを結ぶ」 (2)カイロウドウケツ科の海綿動物の総称。 形は花瓶状・円筒状などで, 長さ3~80センチメートル。 細かい籠(カゴ)の目状の組織からできている。 100~1000メートルの深海の泥中に直立する。 体腔内に雌雄一対のドウケツエビがすんでいることがあり,… …   Japanese explanatory dictionaries

  • いれちがい — いれちがい【入れ違い】 (1)順序が間違ってはいること。 いれちがえ。 (2)一方が出るとかわりに他方がはいること。 いれちがえ。 「あいにくと~になる」 …   Japanese explanatory dictionaries

Share the article and excerpts

Direct link
Do a right-click on the link above
and select “Copy Link”

We are using cookies for the best presentation of our site. Continuing to use this site, you agree with this.